富士川駅~大丸山~蒲原駅~ハイキング

先週、6日(土)、大変寒い日でしたが、JR富士川駅~大丸山~蒲原駅へのハイキングへでかけました。
よりによってこんな寒い日に・・と思いましたが、朝方の強風が歩き始めた11時頃にはおさまり、少しはしのぎやすい中富士川駅から歩き始めました。
歩き始めてすぐに町はずれに出るのですが、そこで早咲きの桜を発見
画像

おっと、テンションがあがってきましたよ~

11時過ぎに富士川駅へ着いて、11時45分ハイキングコースを探して移動開始。
富士川駅の前にある歩道橋の上からみた富士山です。
画像

画像

いきなりコースを違えて上り始めた所で見た景色。
富士川の向こう正面に見えるのが富士の裾野から繋がる愛鷹山(あしたかやま)だと思うのですが。
そして右に少し見えるのは写真には見えていませんが駿河湾を回りこんで伊豆の山々が見えています。

画像


画像

画像

正しいハイキングコースを教えていただいてすぐにたくさんの杉とヒノキが目に入ってきました。
まだ花粉は飛ぶほどの状態にはなってないようです。
画像

春を告げる代表ともいえるイヌフグリを見つけました。まだまだ春は遠そうに思うのですが。というよりこの日が特に寒かった。。 後に山中で霜柱を見ることになるのですが。
画像

途中、山で切った木を燃やしていらっしゃる農家のかたがいらっしゃいました。一緒に来ていたワンちゃんが、遊んでよ♪と寄ってきました。
道具置き場か何かの小屋だと思うのですが、何故か立派な富士の絵が・・
ハイキングコースになっているのでハイカーに見てもらう為なのでしょうか。
画像

画像

画像

画像

画像

子供が小さい頃に買ったハイキングのガイド本を使用しているので、無かった道が出現していることもあります。
こうして地図があるとたいへん心強い。
画像

ところどころでこうして車道に交わります。歩きやすい。
画像

14時50分頃、大師広場という所に小さな公園が作られていてそこで小休憩。静岡駅で買ったおにぎりとチョコを食べてエネルギー補給・・・と元気出したいところですが、とにかく寒い寒い!
手がかじかんできます。いつもは私以上に元気な主人が、もう家に帰って風呂入りたい、などと言い出す始末。
画像

富士川駅と蒲原駅が入った地図がありました。ピンクの点でたどったところが、今回のだいたいのハイキングコースだと思うのですが、見晴観音から蒲原駅へ降りた道が、この地図にはありませんねぇ・・?
画像

画像

展望広場がありました。清水の三保が見えます。セルフタイマーで写真を撮ってみました。。
画像

この角度から三保を見るのは、静岡に来て初めてです。
画像

↑↑大パノラマが見られます。広角レンズでなくて色が。。

画像

画像

時刻は16時。ますます気温は下がり・・・湿った地面は霜柱ができ、ガチガチに凍っています。

画像

16時過ぎ、鉄塔の建つ大丸山山頂へ到着
駿河湾の一番奥、富士裾野から愛鷹山を経て、沼津から伊豆半島へ回り込んで山が連なっています。田子の浦、土肥、戸田等が眺望図によると見えているようです。
画像

画像

画像

画像

そしてさらに・・・
画像

山道を歩き・・
画像

霜柱でまたまた寒さを実感し・・
画像

16時30分、見晴観音へ到着。木立が高くなっていてあまり見晴らしはよくありません。
画像

画像

途中、車道に出る道を選択し、歩きやすい車道へでました。
画像

画像

伊豆半島や空が夕焼け色に染まっていきます。
画像

植林されている面白い土地があったのでちょっと寄り道している間に・・
画像

どんどん、、
画像

陽は落ちていき、、
画像

やがて。。
画像

画像

真っ暗に・・・
穂高登山の時に用意しておいたヘッドランプを持っていっていてよかった
真っ暗な写真は海沿いの道路です。
画像

18時40分、蒲原駅に到着
画像

静岡駅のアスティのラーメンやさんでビールを飲み、あったか~いラーメンを食べました

和風タペストリー・霞桜
のれん・タペストリー遊彩
和風タペストリー・霞桜  素 材:手織り麻  サイズ:約45×150cm  技 法:ローケツ染/素描


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



麻タペストリー:桜と橘
のれん・タペストリー遊彩
手描き友禅タペストリー    素 材:手織り麻  サイズ:約36×120cm  技 法:手描き友禅


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック