八ヶ岳登山 1日目(その1) 美濃戸口~(柳川北沢コースを経て)=赤岳鉱泉→硫黄岳

八ヶ岳登山 全日程
8月8日~8月10日、8日の前泊も含め、二泊三日の行程。
 登山縦走ルート地図

八ヶ岳登山トップ
8月8日  長野県美濃戸口 前泊(車中泊)
8月9日その1  美濃戸口~(柳川北沢コースを経て)=赤岳鉱泉→硫黄岳山頂→硫黄岳山荘(泊まり) 
8月9日その2  美濃戸口~(柳川北沢コースを経て)=赤岳鉱泉→硫黄岳山頂→硫黄岳山荘(泊まり)
◆8月10日 硫黄岳山荘→横岳→赤岳山頂までの縦走、下山
    10日 その1 硫黄岳山荘→横岳
    10日 その2 横岳→地蔵の頭
    10日 その3 地蔵の頭→赤岳天望荘→赤岳山頂、下山

8月9日

4時頃に朝の気配に起こされます。

お天気は、、残念ながら雨模様、、。
それでも山の天気は変わりやすいので、少しは晴れ間も出るだろうと期待して美濃戸口を6時半頃出発 
一年ぶりの登山。今年はどんな素顔を見せてくれるのか、わくわくドキドキです

画像


ひどい降りではありませんが、夏とはいえ、太陽の光の届かない夏山は高度が増すにつれ、本当に寒いので、できるだけ濡れないようにもちろんカッパを着て出発です。

画像


画像

天気予報を見て、予定していた登山をとりやめた人も多いようで、道行く人も少なく、寂しく寒々と感じてしまいます。

画像

こんなところに石仏が・・ とりあえず登山の無事をお祈りして通ります。


画像

7時40分頃、 出発して一時間ほどで、赤岳山荘に着きます。
ここは、とりあえず通り過ぎ、さらに10分ほども進むと、
画像

画像

美濃戸山荘に到着。
画像

ここでちょっとお茶などいただいて。。30分ほどトイレ休憩。もちろんトイレは有料です。人はいませんが、感謝を込めて払いましょう

画像

この美濃戸山荘の所で、北沢と南沢の分岐があります。
私たちは左手、北沢から硫黄岳山頂を目指します。
雨のやみ間があったので、ここからしばらくの間だけ、カッパをぬぐことができました。
画像


画像

しばらくうっそうとした森林地帯が続きます。

画像

画像


9時30分 主人が写真を撮れと指差しているのは 赤岳鉱泉への 巻き道と北沢コースの分岐の道標です。

私たちは石に記した矢印のとおり、北沢コースを行きます。
画像


画像


画像

私はカメラをはじめ、いろんな物をぶらさげていて、カッコ悪いですね。。笑
画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

水の色が赤い
場所によっては水の色が真っ赤に見えるほど
ネットで調べましたが、鉄分を含んでいるからではないか、とか鉱泉が近いから とか、ミネラルが多いのでは、とか、、諸説ございました。

画像

出発して4時間ほど。少し平坦な場所ではステッキをもてあましているのでしょうか。、。
少々錯乱気味。。。
画像

画像

画像

11時5分 出発して5時間半、やっと赤岳鉱泉に到着。
ここで一時間近く休憩します。
その間にまた雨が。。。。。。。
画像
画像

12時5分、さて赤岳鉱泉硫黄岳に向けて出発します。
ここ赤岳鉱泉は、私達が下山時に立ち寄る予定の行者小屋への分岐がありますね。

画像



画像


画像



画像

画像

画像


画像

がちょっぴり
画像


画像


うぅ~~ん・・・・晴れてればこの霧の向こうに絶景が広がっているはず・・・・
画像


⇒1日目その2へ 硫黄岳頂上へ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック