八ヶ岳登山 2日目(その3) 硫黄岳山荘→横岳→赤岳山頂までの縦走、下山

 登山縦走ルート地図

八ヶ岳登山トップ
8月8日  長野県美濃戸口 前泊(車中泊)
◆8月9日  美濃戸口~(柳川北沢コースを経て)=赤沢鉱泉→硫黄岳山頂→硫黄岳山荘(泊まり)
    9日 その1  美濃戸口~(柳川北沢コースを経て)=赤沢鉱泉
    9日 その2  赤沢鉱泉→硫黄岳山頂→硫黄岳山荘(泊まり)
◆8月10日 硫黄岳山荘→横岳→赤岳山頂までの縦走、下山
    10日 その1 硫黄岳山荘→横岳
    10日 その2 横岳→地蔵の頭
 10日 その3 地蔵の頭→赤岳天望荘→赤岳山頂、下山

9:07
地蔵の頭を過ぎ、赤岳天望荘は目前
画像

    
赤岳天望荘到着直前の映像です。
この頃まだ自分のデジカメで 動画の音声設定をしなければならないことを知らなかったので、無音です。

9:13
赤岳天望荘 到着
画像

画像

ここで10分弱ほどの休憩
画像

赤岳山頂はまだまだ先です。

画像

画像

休憩してらっしゃいますね。 
画像

画像

10:06
ついに赤岳頂上小屋 が見えてきました。
画像

画像

画像

10:19
赤岳頂上小屋 到着 
画像

ヘリの荷物?
画像

ここが山頂かと思いきや・・・
山頂はまだこの先だとか
、ということで 頂上小屋は素通り

画像

画像

10:27
ついに 赤岳山頂が見えてきました。
画像

10:25
赤岳山頂 到着
画像

画像

10:33 硫黄岳山荘で用意してもらったお弁当
こうしてみると、頂上に到着してからまだ8分なんですが、、
山頂にはトイレもありませんし、今日のようにガスがかかっていると展望も無く、肌寒く、せっかく登ってきたのに、すぐに下山を考えてしまいます。
これがお天気良ければ もう少しゆっくりするのかもしれませんが。
まぁ 私がいますので帰路もまた時間がかるのは必至。
せめて お弁当は味わってゆっくり食べましょう
画像

11:00
山頂を後にします。
画像

画像

これから 文三郎尾根を通って行者小屋へ向かいます。
 登山縦走ルート地図
画像

画像

画像

登山用の手袋が破れました。
登山では岩場を掴んだりすることが多いので必需品です。
画像

画像

画像

画像

11:28
mumu・・・主人がなにか拝んでいるような・・・
道標に文三郎・阿弥陀岳と書かれているからかなぁ・・・
そしたら合掌する方向が違うし・・・
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


下山途中、美濃戸山荘あたりまで帰った時だったでしょうか、
駐車場はこの日、移動する予定でいたのですが、駐車場の管理人さんが帰ってしまったら困る(駐車料金の支払い)ということで、健脚の主人が先に駐車場まで行くことに。
で、脚の遅い私は主人と離れ(ついていけませんので当たり前) よれよれボロボロになりながら 一人寂しく駐車場まで。。。
5:10
駐車場着。

頂上を出発してから なんと 6時間もかかってしまいました

この日は美濃戸口から 少し下りた場所にある 樅の木荘もみの湯 という温泉に入りました。 
お疲れさまでした~~~

八ヶ岳登山 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック