☆     ☆      ☆

杏@POCO A POCO

アクセスカウンタ




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ヾ(*゚∀゚*)ノ☆下↓↓におススメテーマを表示しています。気になるテーマを選んでくださいね。
さらに多くのテーマは、右サイドから選択できます。


  




zoom RSS 静岡市 賤機山・浅間神社から鯨ヶ池までのハイキング(前編)〜動画あり

<<   作成日時 : 2012/10/17 17:04   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 8

10日あまり前の3連休最終日、体育の日です。
三連休最終のこの日は快晴、「おでかけには最高の天気です」と朝の天気予報

最終日だから家でゆっくりもいいのでは という私に対し、最高だから出かけるしかないぞと夫。

そこでいつも私が山トレに出かける賤機山稜のハイキングへ出かけることに。
夫は鯨ヶ池まで歩くのは初めてですし、浅間神社から賤機山公園までは子供が小さい頃に登って以来。

鯨ヶ池までは200m前後の低山の連なりなので、さほどたいへんではないですが、歩き通すには、4時間はかかるコースです。
山トレを始めた頃、友人と鯨ヶ池をスタート地点にして、ゴールの浅間神社まで歩きました。
この日はその逆コースで歩きます。

いつもここへ来てくださってるかたは同じような風景が繰り返されます
後編はこちら

動画は私、ナビゲーターとして色々しゃべってますが、プロ意識が無いので聞き取りにくく、時にうるさいですがコースの様子はよくわかります。
これから賤機山ハイキングされるかたは是非どうぞ
前編です

動画はスタートした後、拡大操作できます。You-Tubeに飛んでもOK!


11:00
浅間神社、ハイキングコースに入り口にある駐輪場です。
今日は祭日、体育の日、三連休最後の絶好のハイキング日和とあって、いつもに比べたくさんの自転車がとめられています。
画像


登りはじめるとほどなく迎えてくれる大好きな木一つ目。
画像

この木の大きさを出せないでいましたので、夫に協力を依頼し撮影してみました。
大きさ、わかるかなぁ
画像

私はこのハイキングコースの中で何本か、恋焦がれている木があります
この日はこの後も得意そうに夫に紹介していますよ。
画像

彼岸花がまだ咲いていました。 
ハイキングコース脇を飾ってくれていた彼岸花はほとんどが、刈り取られていましたよ。
富士山も見えますね。
画像


登り始めて15分でこんな風景が見られます。
北東、富士山方向、
画像

清水方向
その向こう、駿河湾を挟んで沼津方向
画像

静岡中心地駿河湾
駿府城公園や遠くに伊豆半島が見えます
画像





11;30
慰霊碑の広場(と勝手に呼んでいます)
普通に歩けば20分ほどで到着します。
画像

山頂駅跡と呼ぶ人もあるらしく、ここは昔、リフトがあったということです。驚きました。


『1960年(昭和35年)に神社付近から浅間山山頂に向かう「静岡鉄道浅間山リフト」が設置されたが、1974年(昭和49年)の七夕豪雨で発生した山崩れの原因となったことから後に撤去され、リフト跡はハイキングコースに、山頂駅の跡は小公園となっている。』 by ウィキ

   ゚゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

 <2017 11 27 訂正追記>
 リフトの山頂駅がありましたのは、この慰霊碑の広場ではなく、
 ここから少しだけ、浅間神社方向に下った東屋がある広場だった
そうです。
 こどもの頃、リフトをよく利用されていたかたから、下記の情報を提供いただきました。
 ありがとうございます。
 
 『くだんのリフトの山頂駅ですが、実は慰霊碑のある場所ではなく、少し下ったところにある東屋のあたりになります。あのリフトには子供のころ何度も乗りましたので間違いありません。今でも鉄の柵や階段の一部が残っているはずです。山頂駅には小さな売店があって、飲み物やおでん、ところてんなどを売っていました。ゲームなども数台置かれていたと記憶しています。山頂駅を降りて、だらだら坂を登って慰霊碑まで行って富士山を眺めたものです。 2017/04/05』
リフト駅があった当時の、広場の様子が目に浮かんできますね。
リフト駅に親しんだ人たちにとって、懐かしく大切な思い出ですね。


おそらく、リフトの山頂駅があったというのは、ここのことではないかと思うのですが。
これは、2017年9月20日です。
母の心臓闘病のため故郷鳥取に4月から行っていましたが、
ようやく母の無事退院を待って、静岡に帰ってきまして、まず最初に浅間さんの彼岸花が見たくて行った時、
撮影したものです。
いただいた情報から推察していますが、
違っていましたら、ご存知のかた教えてください。 
画像

東屋は2015年春に訪れた時には、老朽化で危険があったのでしょう、
立ち入り禁止の黄色のテープが巻かれていましたが、
この9月には、テープも巻かれていなくて、修理されているようですね。

せっかくですので
2017年9月20日のこの広場からの眺めと、
慰霊碑の広場方向に向かうルートに視線を移した眺めの2枚、貼っておきます。

2017 09 20 静岡市街、清水方面を眺めています。
画像


ここからさらに、慰霊碑の広場へと登っていきますよ。
画像

   
                 --------- 訂正追記終了

   ゚゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

ここには静岡大空襲の犠牲者と、その横にはなんと敵国であるB29の搭乗者二十数名を弔う慰霊碑もまた、建てられているのです。
何故・・・・ 誰もが思いますね。
答えはこちらの記事で・・・
 【静岡】 「B29墜落搭乗者慰霊碑」
 静岡市葵区の医師、菅野寛也さん 平和の尊さ、次世代に語り継ぐ
一人の僧呂さんのおかげで、敵国にいて魂が救われたのですね。
画像


画像

大好きな木
ツリーハウスでも乗せられますよ。
あそこに登りたい と毎回思っています。
小学生の頃だったら絶対登っただろうなぁ。
画像

これも大好きな木
この木もやせ尾根の中央に陣取ってますよ。
画像

画像

11:55
賤機山城址
とても狭い場所です。小さいお城だったのでしょうね。
画像

ハイキングコースに沿ってがある場所も。
作られている野菜を見ながら歩くのも楽しいですよ。
画像

12:10
お地蔵さん
いつも綺麗なお花が飾られています。
ここへも登山道が山稜の両方向からあって登っていらっしゃいます。
脇には竹箒が2本、ありましたよ。いつも掃除してくださってるんですね
画像

12:30
急いで握ったおにぎり。
中身はウィンナーと梅干。
画像

12:55
『一本杉』と呼ばれ、展望のいいことで愛されている場所に出ます。
林の中を抜けると、茶畑が広がり、展望が開けとっても気持ちがいいのです。
ここからは、これから進む山稜がきれいに見える。

画像

画像

画像



カラスウリ
オレンジ色がとっても可愛らしく綺麗

画像

まだ熟れていないのほうは まるで『うりぼう』です
本家本元のうりぼうですものね、まるでは失礼ですね
画像


画像

13:20
出発して2時間20分ほど経ちました。
半分くらいの場所だと思います。 歩いてきた山稜を振り返っています。
スタートの浅間神社はあそこですよ。
画像



後編へ
☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久々の浅間神社のお山(賤機山)へ
静岡に帰ってはや1週間が経過しようとしています。 ...続きを見る
杏@POCO A POCO
2015/06/23 10:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
旦那さんと一緒に賤機山歩きで楽しかったでしょう。天気も良かったし、最高でしたね。鯨が池まで4時間ですか。結構なトレーニングになりますね。どこにあっても巨樹はいいものです。幹の太さや曲がり具合とか、何百年もの風雪に耐えて生きてきた姿に圧倒されますし、神々しさをかんじることがありますよね。
凡稔
2012/10/17 23:32
そうですね、鯨ヶ池までは一人だと心細いですし、快晴に恵まれて楽しかったです。
4時間とはいえそれほど登りが無いので残念なくらい?疲れません。その割に、動画で自分の息があがってるのが恥ずかしいくらいです。

本当に大きな木って、その木の歴史を感じもしますし、姿もそれぞれに光を求めて伸びてきた時間と生命力のコラボの集結みたいな・・見とれてしまいます

2012/10/18 09:39
おはようございます。

連休の最後が最高の天気...
のんびりしたいような気もするけど
でも、やっぱりお出かけもしたいですね。

夫婦で一緒のお出かけいいですね。
しかもハイキング(^−^)
登山道中の大きな木、見ていて楽しくなります。
特に2番目の木、本当にツリーハウスになりそうで
小さい頃に出会っていたら
やっぱりハイキングも途中で
登って遊んでしまいそうですね(^−^)
後半も楽しみにしています☆
まめたろう
2012/10/18 10:09
まめたろうさんへ
 おはようございます。
2番目の木、気に入ってもらえましたね
共感してもらえる人がいて嬉しいですよ。

お花畑を作ってるおじさんに、この木登ってみたいですよね、と言ったら、嘘でしょうみたいな反応で、あれぇ・・・って
でも、あそこでワイン飲んでみたいね、と共感していただいたかたもあったので、その時はやっぱり嬉しいんですよ。

夫は、、あ、そう くらいの反応でしたよ

絶対いつかは登ってやる って思ってるんですけどね、その前にこの体重落としてからです・・

2012/10/19 09:26
 通りすがりの者です。浅間山のリフトの写真を探す途中で、貴ブログを拝見いたしました。
 くだんのリフトの山頂駅ですが、実は慰霊碑のある場所ではなく、少し下ったところにある東屋のあたりになります。あのリフトには子供のころ何度も乗りましたので間違いありません。今でも鉄の柵や階段の一部が残っているはずです。山頂駅には小さな売店があって、飲み物やおでん、ところてんなどを売っていました。ゲームなども数台置かれていたと記憶しています。山頂駅を降りて、だらだら坂を登って慰霊碑まで行って富士山を眺めたものです。
いわひばり
2017/04/05 18:33
いわひばりさん、コメントありがとうございます。

そうだったのですね!

動画や記事の中に、
訂正挿入したい、大切な記憶ですね。

おっしゃっている場所は、体を使う鉄製の器具が設置されてる場所かしら、、と記憶をたどっております。
現在、私は故郷鳥取にて、二カ月めをすごしていて、もう少し帰れません。
静岡でゆっくりできる時が来ましたら、
また、しっかりと目を見開いて当時の面影を探しながら登ってみたいです。

ありがとうございました♪♪
駿河の杏
2017/05/29 14:41
 お返事いただいていたのに気づかず、失礼いたしました。
 浅間神社のほうから登りますと、中間くらいに、ちょっと急になって道がうねうねしているところがありますよね。その上に小さな広場があって、ステンレスのトレーニング遊具(懸垂用みたいな)は、そこに設置されていたと思います。そこから慰霊碑までの、ちょうど中間点くらいに、あずま屋があるのはご存じでしょうか(コンクリート製のあずき色の屋根。でも随分古くて危険なため撤去されたかも)。そのやや頂上寄りを探すと、今でもコンクリートの床と階段が残っていると思います。すぐ横に昔のトイレ(コンクリートブロックの壁だったと思う)が残っているはずです(恐らく当時のまま。現在は使用禁止かな)。そのトイレからちょっと降りたところがリフトの乗り場でした。私は毎年1回、初詣のときだけ登るのですが、今年登ったときにしっかり確認しておけばよかったな。
 ちょっと長くて申しわけないですが、Googleマップのアドレスを。

https://www.google.co.jp/maps/place/34%C2%B059'17.5%22N+138%C2%B022'27.6%22E/@34.9882044,138.3721443,17z/data=!3m1!4b1!4m6!3m5!1s0x0:0x0!7e2!8m2!3d34.9881999!4d138.3743327?hl=ja
いわひばり
2017/09/02 12:14
いわひばりさんへ
東屋からここかと思う場所を思案し、訂正追記を入れてみました。

コメントくださっていたのに、こちらも気づかず、失礼しました。
また、ここに入ってくださる機会がありましたら、
あの場所で正解かどうかを教えていただけると、たいへん嬉しいです。

あと、初詣の時に登るのを、来年から夫と実行したいと思います。
やってくれるかな・・・
我が家も初詣は浅間さんですが、お参りの後は、
何かを出店で食べて飲んで帰るだけでしたから。

登ったらシャキッとした一年になりそうですしねっヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
駿河の杏
2017/11/27 11:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
■■■
.............................................................................................
★--★--★--★--★
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
静岡市 賤機山・浅間神社から鯨ヶ池までのハイキング(前編)〜動画あり 杏@POCO A POCO/BIGLOBEウェブリブログ
゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜
文字サイズ:       閉じる