藤枝市蓮華寺池公園~清水寺(清水山) ハイキング

これも、6月30日、
蓮華寺池公園でハスの花を見た日の続きです。

  9時頃より蓮華寺池公園でハスを見ていますと、
 これから 清水寺へのハイキングコースを入るというかたに会いました。
 私のこの日の目的は、ハスの花を見ることでしたので、とりあえず、ハスが閉じないうちに
しっかり見ておきたく、そのかたの後に続いてハイキングコースへ入りたい気持ちもありましたが、
決心もつかず、天候も今一つでしたので、花を楽しんでから考えようということにしてゆっくり池のまわりを散策しました。
結局、心を決めて、蓮華寺池公園を出発したのが、正午近くになってからと少し遅くなりました。

  その後、登り始めて、尾根に到着してすぐの場所にある 若王子古墳群を見学し、
トリムコースともはずれて、ハイキングコースなるものに足を踏み入れたのは 12時15分頃でした。

  そこまでの詳細は、前記事で
   1 藤枝市蓮華寺池公園、ハスと睡蓮の花
   2 藤枝 若王子(にゃくおうじ)古墳群 を通って・・・

 写真: 農業用貯水タンクのある場所、ここを下ってもうすぐ清水寺です
画像



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
蓮華寺池公園~清水寺~蓮華寺池公園 ハイキングコース地図
蓮華寺池公園~清水寺~蓮華寺池公園 ハイキングコース地図

この地図は【STY対策】清水山ハイキングコースをランから拝借。そして少し変更。 m(_ _)m トレイルされてますね。


時間行程
若王子古墳群の端にあるハイキングコース入り口 12:16 ⇒ (52分間) ⇒13:08 貯水タンク 13:17⇒ (26分間) ⇒13:43清水寺(清水山)14:16 ⇒ (17分間) 14:33⇒総合運動公園14:55 ⇒ (60分間) ⇒15:55 蓮華寺池公園駐車場

というわけで
とっても トロトロ歩き、途中で携帯のGPSで位置確認しながらの、カメさんハイキングでも 
 歩行時間 2時間35分
 TOTALで、4時間弱で、 蓮華寺池公園の駐車場まで歩いて戻ってこられます。
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


帰りには、清水寺にも寄れるし、お手軽で面白いコースだったと思います。
 ただ、お天気のいい日に行きたかったな~~。

 ここで ちょっと 清水山 って
  上の時間行程清水寺(清水山) と表記しておりますのは、地元の人に 清水寺は『清水山』 とも呼ばれているようなので。
また『きよみずさん』とも呼ぶと出会ったかたに教えていただきました。これは『山』の字をサンと読んでいるわけではないと思いますが。  
  また、清水寺のある山、つまり貯水タンクのある山の名として 清水山 と呼んでいると思いましたが、調べましても、地図にも、どの資料、ページにも 山名として載っておりません
あの山は何という山なんでしょう、名前ないのかな?
そして、清水寺の石柱に 『音羽山清水寺』 と印されていましたので、音羽山なのか、、と思いましたが、
京都にある清水寺が、もともと音羽山だったようで、、知らなかった・・! 
ということで、音羽山でもないらしい。。

と記事を書こうとして不思議に思って調べた
ここの清水寺の、ちょっとした豆知識でした。
  
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

ハイキングコースに入りましょう。

ハスの花を見ながらハイキングコースの話を少し聞かせていただいていて
ここに入って行く時に 持っていた予備知識は、

 ・茶畑などがあって楽しい
 ・花も季節には楽しめる(結論、花はあまり今回はありません)
 ・貯水タンクのある場所まで登ったら、清水寺はそこから少し下った場所にある
 
と、だいたいこんなものかな。
そんなに時間のかかるコースではないらしいので、13時前になりましたが、行きましょう。
今日は日曜日、ここ(古墳群)にもたくさん人がみえてるし、ハイキングコースにも人出はあるでしょう。
結論、ハイキングコース上、貯水タンクまで誰にも出会わず。。 朝方の雨が災いしたかな。。

若王子古墳群の一番奥、
そこまで舗装されていた広い道路が、突然こんな細い道に、
ハイキングコース開始です。
画像

やっぱり、初めてのコース、
1人で入っていく時はちょっと怖いんです。 こんな道、、
画像

ハイキング途中、今回花はあまりありませんでしたが、
薄暗いコース始まりの中、このピンクが心に光を♪ 
画像


ゲッ
心地よい道とはあまり言えません、、
画像

ゲ~~~っ゛!
画像


これがね、1人でなかったりすると結構楽しい道なんですよ、
そして 陽射しが強い日だったりすれば嬉しい道なんですよ、

今日はどちらも当てはまりませんからね、
暗い道は、ただ暗いだけで、何の恩恵もなく。。。。


そう言ってても 茶畑に出たりすると
やっぱり嬉しい。 
画像

お茶の葉を刈って手入れされたばかりのようですね。 
人の手が入ってるとこんなに気持ちいい。
画像

画像


人の手が入ってない茶の木。
こうなってくると 展望も無くなってしまうのが余計に残念。
画像

画像

画像


画像


Yさんの記事で勉強しましたね、
茶色になるまでお茶を刈り込むのは、何年かに1度、お茶の元気を出すために、深く刈り込むのだと。
画像


こちら↓↓は、歩いて来た方向、振り返ってます
画像


画像


こんな山道も、誰かと一緒だったり、暑い日だったりしたら 気持ちいいんだけどなぁ
画像


上記で述べた 清水山の不思議にかかわる写真その1
この時点で、 清水寺のある清水山というを目指してると思っていますよ。
画像


古墳群を出発して30分ほど経過。
聞いていた 貯水タンクが見えてきましたよ。
結構先だなぁ 
画像

  ズーームアップ
画像


画像


ハイキングコースが一瞬農道に交わる場所に立てられた道標、
農道×ですって、 
画像

×にされてる方向を撮影。
なるほど、この先、道は続かなそうに見えますね。
崩落したままかな、作るのやめちゃったのかな、
画像



画像

画像

13:04
古墳群出発から 50分ほど、
気持ちよい農道に出て、貯水タンクに近づいてきましたよ。
画像



13:08 貯水タンクに到着
画像

右端にちょこっと写ってるのが、この日ハイキングコース上で初めて出会った人。
茶畑にいらっしゃってる、年輩のご夫婦でした。
画像

本当にホッとしますよ。
山の中に自分だけでないってね。
この後、清水さんに下りたら、そのまま農道を総合運動場のほうへ下りられると教えていただきました。
ご夫婦もそちら側から、車でいらっしゃったようです。

農業用貯水タンクですって。
画像



このハイキングコースの中で、ここが最高の風景を楽しめますね。
気持ちのよい場所です。
ただ、何度も言いますが、お天気が残念です。
空が青ければ、青い駿河湾、遠くに伊豆御前崎までも綺麗に見えてるはずなのですが。
画像


画像


画像


画像

画像

よぉし、今年はこの花の名前もブロ友さんたちの記事のおかげで覚えました
アガパンサス  舌をかみそうな名、、
画像


おお・・日本のチロル
画像

ちがうか・・・
画像


画像


画像

清水山の不思議にかかわる写真その2
え?
おかしいでしょう、↓
貯水タンクまで登ったら少しくだって清水寺と聞いてましたのに
まだ 清水山を目指してますよ、
寺に向かって下り始めてますから、清水山山頂はあの貯水タンクのあたりだったと思ってるのに。
それとも、まだ何処かに登るのぉ。・。。
なんて、、なので、一番上の豆知識を少し。
画像


画像

13:43
清水寺(清水山)、駐車場のある横手に到着。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 68

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年07月04日 15:47
今日は。
歩いてみたい散策路です個人的に(笑)
ピンクのお花多分、サフランモドキでしょうか!
笹のトンネル…キョウチクトウの林・・・2の足を踏みそうです。
ご一緒に楽しかったです。
京都の清水寺…音羽の滝がありますね…
音羽の滝の先は音羽山から湧き出ている地下水でしょうか。
無事到着よかったです。
2013年07月04日 17:30
こんにちは

清水山の謎は解けましたか
手近なハイキングコースとしては
良いところですよね
最高峰京塚山の一部と言うことで
理解してますが清水山でいいよね
2013年07月04日 23:25
こんばんは。
清水山ハイキングコース、一人で入るのは二の足を踏みますね。でも貯水タンクからの眺めは素敵です。お天気がちょっと残念でしたね。
ご一緒にハイキング楽しみました。
無事到着良かったです。
2013年07月05日 00:05
こんばんは。
ここは、ハイキングコースと言うより冒険コースって感じですね!@@
でもすっごく楽しそうです。ひとりでは…確かに厳しいかもしれませんね。
うちのふろとかを連れて行くといいかも♪ジローならなお良し!^^
こんなに良いコースが周りにいっぱいあっていいですね。
2013年07月05日 09:38
やろいさんへ
 歩いてみたいですか、やろいさんがこちらにいらっしゃればなぁ、、、(*~。~* )・・・ ピンクのお花はモドキさんだったのですね、サフラン。。。検索、検索、、(^_^;) あ、なんか見たことありますよ、あまり似てないですね・・? ありがとうございます♪ やはりやろいさんは京都もよくご存知ですね。私は全然知りませんでしたよ、清水寺といえば、舞台しか、、二度ほど清水寺行ったことありますのに、、、

そして、やろいさん、わが故郷、鳥取方面へ訪れてくださいましたね。
鳥取砂丘も湯村も浦富海岸も、幼い頃から何度も通ってる庭のようなものです。 故郷を見ていただけてとても嬉しかったですよ。海は、本当にこういう時期でなければ驚くほど澄んでいます。夏休みには、学生時代、あのあたりでよくバイトしましたよ、海、好きなので 笑 
お客さんが来なくなった夕刻からは、少しひんやりした海に入り、ボートも無料で貸してもらったりと、散々遊びました。 サザエをとってきた人がいた日にはご馳走になったり・・懐かしい思い出も思い出させていただきましたよ。
2013年07月05日 09:39
無門さんへ
 あぁ、なるほどぉ そう理解します! どおりでYahooにもgoogleの地図にも京塚山しか山名が載ってないわけですね。 清水山とおおざっぱに捉えてもいいんですね。 頭がスッキリしてきました
2013年07月05日 09:39
ekoさんへ
 そうでしょう、ちょっとコワいでしょ、、笑 貯水タンクの場所は、眺めもいいですが、貯水タンクがなんとも郷愁を誘いません? (*~。~* )・・・ 空が青い日にもう一度行ってみたいですよ、今度は1人でなくてね。 一緒に楽しんでくださってありがとうございます 
2013年07月05日 09:39
TAMOさんへ
 どんよりの曇り空でのトンネルなど、ちょっとね。。。笑 茶畑以外がコワすぎるでしょ、、なんて思いながら歩きましたよ。 あ~~、ふろちゃん じろーちゃん送って~~ 銀ちゃん、バロンちゃんでもいいです~~ 想像しただけで楽しくなっちゃいますよ
2013年07月05日 11:03
尾根づたいに清水山まで歩かれたんですね。私は清水山には車で行ったことがありますが、このルートを歩いたことはありません。結構、暗い路がありますね。女性一人では心細くなるでしょう。「日本のチロル」は写真から判断して、多分新東名高速道路藤枝SAの北側の藤枝葉梨の花倉地区だと思います。ここには知る人ぞ知る戦国時代の花倉城址があります。清水山も縁日には大勢の人でにぎわいます。
早くすかっとした天気にならないですかねえ。
山ちゃん
2013年07月05日 12:34
蓮の花を撮って、古代の豪族のお墓をみて
そして、こちらへね。
ヤブのような山道
ちょっと、お嬢さんではこの道怖かったですね。
じぇ、じぇ。じぇだね。
デモね。考えてみて日本百名山を良く見ますが
ご来光を見に午前3時頃、ヘッドライトだけで
登るじゃないですか。
そう言う時は、化けもが出てこないかあ、怖いなあなんて想像しないのかなって思います。
杏ちゃん、ところでBSの日本日本百名山って見ますか。
山の名前とお寺の名前がごっちゃですか・・・
2013年07月05日 15:03
こんにちは
最初の内は、藪の中の何が出てきても
可笑しく無いコースですね、これは
スリルも有りで楽しい感じですかねぇ
茶畑が広がり展望も素晴らしいです
楽しかったでしょうね。私も此のような
散歩道欲しいです。
2013年07月05日 15:41
丹稔さんへ
 花倉地区を見てたんですね。
地図で確認すると、結構広い地区なんですね。
あの山の上で見た感じは、かわいらしい集落のように見えましたが、そうではなかったんですね。
花倉城址、そんなのもあったのですね。
清水寺、あの地区で大切にされてるお寺みたいですね。
本当に早くすかっとして欲しいですね。 今頃静岡は陽が射してきましたよ。
2013年07月05日 15:51
山ちゃんへ
 ご来光見ようという人はすごいですよね、
私は、怖いとかの前に早すぎて無理、、。
きっと登られてる人は、そんなの感じない強い人なのかな。
ちょっとは怖いって気持ちも人間だからありそうな。。
想像困難ですね、、、笑
BSでそういう番組があるんですね、BS、無料番組でしたら見られるんですが、、うちって、アンテナいらないってくらいBS見ないんですよね。。
今度調べてみますね、ありがとうございます。
2013年07月05日 15:56
gokiさんへ
 1人で、曇り空の日は、あまり楽しくなかったですよぉ。
晴天で誰かと一緒だったら楽しいと思います。
愚痴りながら歩きましたもの、茶畑以外はなんでこうなのよぉ って・・笑
初めての道は何処もそうです、1人はちょっとコワいんですよ。
暗く翳った道以外でしたら、楽しかったですけど・・
し~
2013年07月05日 17:26
杏さんこんにちは♪
地元民としては清水さんは”山”じゃなくって様がなまって”さん”だと思っていたんですけれど、道しるべには確かに山って書いてありますよね・・・どうなんだろ?
この先には助宗コースといって、新東名を潜って助宗の集落を抜けて烏帽子形山へ続くルートがあります。
途中で花倉もなんとか抜けられます。
清水さんコースよりももっと人が居らず踏み跡も慣れていないと不明瞭で景観も良くないんですけれど・・・
機会がありましたらパーティでお進みください。
ではでは。
2013年07月06日 06:56
し~さんへ
 おぉ 地元のかたですか。コメントありがとうございます。
そうですよね、寺や神社を『○○さん』と呼ぶのって、山と言ってる感じがしませんものね。不思議です。。。
烏帽子形山へは、そんな困難なコースなんですかぁ、近くですのにね。 1人では怖すぎますね。、!
今後もお気づきのことがありましたら、またコメントくださいませ♪

この記事へのトラックバック