三保の松原(世界文化遺産・富士山の構成資産)へ

久しぶりの更新になりました。
記事を作成していますのは、東京です。

20日に東京に移動して1週間ほどになります。

静岡では新年からずっと、
Dさんお察しの通り、寒さに負けてほとんど冬ごもりしておりました。(^^ゞ

それでも、まだ東京にきましてからのほうが、日々の買い物がてら?の散歩で、
出歩くことが多くなったように思います。
静岡ではついつい買いだめしちゃってましたから、毎日出ていかなくても済んでしまってましたし。

でも、東京に来ましてからも、パソコンを前にすると、眠くて眠くて・・・
なんなんでしょう、この眠たさは・・
撮りためた写真から選んでる作業の途中で眠くなるんですからお手上げです・・・( ̄□ ̄;)!!
毎日お仕事でお疲れの夫より、休日の昼間も寝まくってます私って・・・・病気?
 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン・・・・・と思うほど、眠いんです。

記事のほうは、静岡です。
 
ここ半年ばかり、長男の職場が車通勤の場所になりましたので、
ほぼ、車を乗っ取られた状態にあり・・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
まぁ・・・静岡にいることが少なくなった今、さほど不便は感じてません。
しかも、仕事してない私が自由に使える車がありますと、
車使い放題の私が出来上がりそうなので、
ま、ちょうどいいかも・・・・(ーー;).。oO

で、記事のこの日は、
日曜日。
二男の車を拝借して、三保の松原まで行って参りましたよ。

三保の松原の海岸より見る富士山と駿河の海
画像

画像


三保の松原からの正しい写真↓↓
私が撮影しましたのは、何処が松原?? みたいに松原が少ししか写ってませんので
静岡観光コンベンション協会さんのページの写真を拝借。 ↓↓
画像




この三保の松原は、
昨年(2013年)6月に世界文化遺産に登録された富士山の、構成資産として同時に登録されました。
それ以来、一度行ってみたいと思っていましたが、なかなか行く機会もなく、
やっと訪れることができました。

家からですと、車で30~40分ほどです。
三保の松原へは、ユネスコの世界文化遺産登録の事を知る少し前、2012年10月に久々に訪れています。
この時、御穂 神社から三保の松原への参道がずいぶんと綺麗な歩道に整備されていて、大変驚きましたが、
後に、富士山の構成資産としての登録を見据えてのことだったのだと解ったのは、登録直前になってからでした。



画像

画像


御穂 神社から三保の松原へと続く参道
 綺麗に歩道整備された『神の道』
画像


画像


画像



静岡に引越してきました20年ほど前に訪れた時には
もう既に、観光地としても影を潜め、寂しい松原だと思いながら歩いたのを思い出します。
それから、こうして世界文化遺産の構成資産として脚光を浴びる今日に至るまで、
きっと、静かな松原であったのだろうと想像しております。

少なくとも、2012年、登録寸前の松原も
参道は綺麗になっておりましたが、松原の人影は少なく寂しかったですから。


世界文化遺産に登録されるとは・・
登録されると人を呼べるとは・・このことですね!

松原にも海岸にも、たくさんの人。
画像


画像


この、三保の松原の杭の前はなかなか空きません。
交代の合間に、と思うのですが、
なかなか文字を撮れません。
画像

やっと撮影成功。
 この瞬間が、なかなか来ないほど、人気の杭でした。
画像


天女が羽衣をかけたという、『羽衣伝説』の羽衣の松
 ・・の三代目
伝説は大切に保存したいですからね、
その伝説の対象となる物象も大切に保存したいですから、三代目というのもおかしな感じもしますが、、
対象物は伝説に必須ですから、仕方ないですね。

勝手な思いは・・・
 20年前、羽衣の松として、見た時に、天女が舞い降りてきて、羽衣の松(2代目)に羽衣をかける様を想像しました。
今回は、3代目が立派にできておりますので、もう一度、想像のし直しですね。
なんか松の雰囲気は20年前のほうがよかったなぁ・・・とか。 笑
画像


今までこんな賑やかな三保の松原は見たことがありませんでしたよ。
画像


こんなお店も、前はありませんでしたよ・・・?
あったのかな?
画像

そういえば、
富士山を眺めるといえば、日本平山頂から。
日本平も、構成資産として登録されないのが不思議なほどの、景勝地。
社会科が苦手だった私でさえ、小学校の教科書に、この地名が載っていたのを覚えてるくらいですから。

そんな景勝地、日本平山頂に、
20年前に静岡に来ました頃には展望台の場所にあった小さなお店も
いつの頃からか、閉店、今は姿を消しました。
こちらも、構成資産に登録されていれば、あの場所にもきっとお店が復活していたでしょうね。



画像


 写真撮らせてください

 今、なんも無いだよ
画像

ほんとだ、半分くらい、何も入っていませんね。
仕込みが間に合ってないようですね。
嬉しい悲鳴ですね。
って、おばさまたちからは、悲鳴らしいもの、全く聞こえてきませんでしたけど、(*^▽^*)あはは
皆さん、悠々として、忙しさを楽しんでいらっしゃいました。
いいですねっ♪o(^∇^)o

おでんで一番好きなコンニャクを♪
画像


鰹節青のり甘い味噌がかかっています。
画像


私の中の定番のしずおかおでん とは少し違いますね。
私的には、しずおかおでんには
 だし粉(魚の粉?)と、青のり の2つがかかっているというイメージで定着しております。

でも、ここの甘い味噌、とっても美味しかったです♪♪☆d(o⌒∇⌒o)b
ご飯につけて食べたいお味・・・

と、語っておりますが、、私は本当は、おでんは からし派です・・・笑



画像


松の木の下の黄色い自転車数台。
観光客のレンタサイクルでしょうか。
画像



松原の遊歩道を歩いてると、松がたくさん植えられてる場所がありました。
これから何百年、何千年と松原を守っていこう、という思いですね。
画像


寿命を全うした先輩松の後は
しっかり後を引き継がせていただきやす!
まぁ、清水ですから・・
画像




画像


この海岸沿いの遊歩道・・
思えば数年前に、夫がまだランニングをやっていました頃、
自転車で伴走した道です。
そういう意味でも懐かしかったです。
そんな頃もあったなぁ、、と。
画像




2012年6月に訪れました三保の写真、
お蔵から数枚。

上の三保の松原から少し海岸を進みますと、
遊歩道沿いに立っている三保灯台(清水灯台)
画像

三保灯台と呼ぶのは、愛称ですって。
画像

 「明治45年1912年に点灯し、
 現在も建設当時の姿をそのまま残しています」



画像


建設当時の姿をそのまま残して
ということは・・・
画像


あの風見鶏の天女
100年もの間、伝説とともに、この地に住む人、観光に訪れた人々を
見守り、また、楽しませてくれてるのですね。??!

天女さま、すごいです・・・☆d(o⌒∇⌒o)b ♪♪
画像



2012年のあの日、
あの杭の 『三保松原』の文字
簡単に撮れてたなぁ・・・・・
画像

画像

  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 144

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年01月27日 19:47
こんばんは
富士山が見事ですね、途中に掛かる雲の
為に空に浮いている様に見えてびっくりしました。
羽衣の松は三代目ですか、代の引継ぎも大変ですね
何と言いましても、清水のぉですからねぇ。
寒いときは味噌おでんに限りますよ、美味しかった
でしょねぇ。
2014年01月27日 20:11
今晩は。三保の松原の写真がたくさんありますね。もともと美しい場所でしたので、世界文化遺産の一部として入れられたのはよかったですね。しかし、有名になってお店が立ち並びすぎると景観が損なわれてきますので・・・。それにしてもテトラポットだけはいただけませんね。海の流れが変わってしまい砂州の形がかわってしまいますので、
なんとか撤去して貰いたいと思うのですが、私だけでしょうか。
おでんは、こんにゃくが美味しいよね。私も大好きです。
2014年01月27日 23:32
こんばんは

私もおでんはからし派です。
なので、写真のおでんには目を疑いました。
まるでお好み焼きみたい...
でも、美味しそうですね(^-^)

三保の松原からの富士山は
まるで空に浮いているように見えますね。
いいものが見れました(^-^)
ありがとうございます
2014年01月27日 23:35
三保の松原からの富士山、素敵ですねぇ~。
世界文化遺産の一部に登録されたおかげで賑やかになってますね。
羽衣の松は三代目なんですね。羽衣がかけられて天女さまがなんて想像すると楽しいです。
灯台の上にも風見鶏ではなくて天女さまなんですね。
こんにゃくのおでん美味しそう~!
2014年01月28日 11:12
gokiさんへ
 こんにちは。
あぁ、雲で・・・なるほど、そう見えますね。
素敵ですねぇ・・(*^▽^*)
伝説を守るのもホント、たいへんですよね。生あるものでなくても風化して無くってしまうものもあるでしょうし。
はい、清水ですからぁ・・・松にも心意気があるってもんで・・・笑
gokiさんのほうも、おでんには味噌ですかぁ。
2014年01月28日 11:18
丹稔さんへ
 こんにちは。
景観が損なわれると、遺産登録が破棄される恐れがあるでしょうから、そんなにはお店は増えないと思っていますよ。
テトラポット・・・日本の何処でも、砂浜を持つ海岸では問題ですよね。
でも、あれが無くて、直に波を受けると、砂浜の浸食は加速を増すのでしょう??
砂浜を保つって、難しいですよね!
コンニャク・・食感がいいんですよねっ♪
コンニャク仲間ですねっ♪♪☆d(o⌒∇⌒o)b
2014年01月28日 11:28
まめたろうさんへ  こんにちは。 うんうん! 私も静岡に来ました20年前には、目を疑いましたよぉ。 あとね、しぞ~かおでん(しずおかおでん)とは知る人ぞ知る、戦後の屋台から始まるおでんなのですよ。 子供たちは、駄菓子屋でおでんを食べたとか。20年前、静岡育ちのママ友さんが教えてくれました。当時は近所の駄菓子屋にはおでんは無くなっていましたけど、海辺のプールにある昔からのお店には、おでんがお菓子と並んで売られてました。おでんの牛すじを食べたのもその時が初めてでした。
そして、なんといっても、冬場など、うちじゃぁ一度おでんを作ると一週間は続くわよ・・・と ( ̄□ ̄;)!! 静岡の家庭全てではないでしょうが、、
なかなか、カルチャーショッキングな静岡デビュー時代のお話でしたぁ・・笑
2014年01月28日 11:32
流石に三保の松原
富士山が綺麗ですね
またまた三保の松原堪能させていただき
行きたい場所が増えてしまいましたわ
2014年01月28日 11:35
ekoさんへ
 富士が見える名所も、昔に比べて、寂しくなってきていました。
三保だけでも、もう一度脚光を浴びて、富士山を楽しんでくれる人が増えてとても嬉しいです。
同時に、丹稔さんも危惧されてますように、賑やかになりすぎる弊害が出ませんように、とも願いますね。
人気の観光地の人は皆、こういう二つの思いを抱いてらっしゃるんだと気付かされましたよ。
羽衣伝説・・・ロマンですね~~☆d(o⌒∇⌒o)b
2014年01月28日 11:42
桜桃さんへ
 私が撮りました写真には松原が、ちょこっとでしたが・・・(^^ゞ
観光協会さんのお写真は、松原がちゃんと存在感出してて、風情がありますでしょう。
風が強くて寒かったですが、冬型が強いほど、富士山は綺麗に見えますので・・・
桜桃さんも頑張って寒い時期においでくださいませ♪
あ、4月の桜の季節くらいまで綺麗に見えますね。その頃がいいですねっ♪
2014年01月28日 14:46
松原越しの富士山すてきですね。
東京からだとどうしてもボンヤリして、
富士が鮮明な姿になりません。
白亜の三保灯台も風情があります。
風見鶏でなく、風見天女ですか…。
2014年01月28日 18:30
まめたろうさんへ 2
 あ、まめたろうさん、一つ間違えました。
おでんを一度作ると、一か月は続くわよ
 でした~~!
しずおかおでんは、何十年も煮込みのだし汁を捨てないのが自慢?と言われるほどですので、家庭での一か月は、たいしたことないといえばたいしたことないのでしょう。
それを教えてくれたママ友さんは、4世代もの大家族さんでしたから、おじいちゃんおばあちゃんから受け継ぐものもあったのでしょうね。
2014年01月28日 18:40
yasuhikoさんへ  
 yasuhikoさんのカメラと腕でも、東京からですと、難しいでしょうか。
昨年秋に、御岳山へ向かう途中で見ました富士山は、とてもくっきり綺麗でしたよ。(*^▽^*)
100年もの昔から天女さまだったのでしょうか、昔の人もセンスありますね。 って、、東京の建築物等、見ますと昔の人のセンスが光っていますものね。
yasuhikoさんの記事を拝読しながら、少しづつわかってきましたよ。
ロマンを追って形にしていく力は昔の人のほうがすぐれていたかもですねっ。
2014年01月28日 18:42
こんにちは

風景だけで行けば
三保の松原は
日本平や焼津からの風景や
伊豆からの景色に負けています
ただ文化的背景を見れば
やはり三保が一番だよね
風景としては
代表していただきましょう
2014年01月28日 19:16
三保の松原は中学生の修学旅行で行ったような?
もうかなり遠い昔の事ですが、又行ってみたいと思いつつ、山ばかりに行ってしまい、旅行や観光は遠のいています。
写真の富士山も綺麗ですね。
海なし県の群馬県民としましては、やっぱりたまには海も見てみたいです。
杏さんのブログで三保の松原の様子を拝見できて、良かったです。
2014年01月28日 19:39
こんばんは。
三保の松原はきれいなところですね~!
富士山と一緒の意味がよく分かります。
またそこから見える富士山の大きいこと!@@
それにしても数年前の三保の松原の人の少ないこと少ないこと…。
まるで別の場所のようですね。
お店までたくさんできて、世界遺産登録前は富士山のごみ問題がありましたが、今度はここでのごみ問題が浮上しそうですね。
観光客が増えると、それはそれで問題出てきますよね。
知床がやっぱりそうだったんですよ。
クマにエサあげる人まで出てきちゃって…
この美しい景色、守りたいですね。

それから私もおでんはからし派です♪
2014年01月28日 20:33
富士山はやはり日本一素晴らしい姿と思います。
三保の松原、観光客が増えたでしょう。
むか~し行ったことあるような。
松、次世代のために植えてあるのですね。楽しみです。
2014年01月29日 23:39
こんばんは
さすがに名勝「三保の松原」、絶景です。お天気も良く、富士のすばらしさが伝わってきます。以前、沼津の海岸を歩きましたが、こんな松林でした。富士山が背後に顔を出し、でっかすぎる感じでビックリしました!
2014年01月30日 09:48
無門さんへ
 文化的背景は三保なんですね!
勉強不足で理由がわからないので、これから勉強してみますねっ。
無門さんの語りで聞きたいくらいですがぁ・・自分で調べるしかないですね。
富士山が綺麗に見える場所って、無門さんのおっしゃる通り、三保以上の場所はたくさんありますよね。
なんで三保なのかなって、軽い疑問がずっとありました。
2014年01月30日 09:57
chiakiさんへ
 行ったような・・・・笑
わかります、印象が薄い場所だと、一大イベントであったはずの修学旅行でさえ、行ったはず・・・? なんて思う場所、私もありますよ。
三保の松原は、その名の通り、ただの海岸沿いにあるただの松原ですものね。
若い子にはそんなに興味を惹くものではなかったでしょう。
山に行くだけで、相当な日数、エネルギー使いますから、なかなか他へは行けませんよね。私はchiakiさんの山へ行かれる実行力、メンタルの強さがとても羨ましいですが(*^▽^*)
いつも山の風景、chiakiさんの記事で楽しませていただいてますから、少しでもお返しできたかしら、と嬉しい気分です☆d(o⌒∇⌒o)b
2014年01月30日 10:05
TAMOさんへ
 富士山と一緒の意味・・今、無門さんが文化的に一番とおっしゃってるのを目にしたばかりです。地元民として、その意味を私はもっと知りたいと思いましたよ。なんだろうな~~o(^∇^)o
知床の登録はいつかな・・2005年ですね。
1985年に知床を訪れたことがありますが、その当時は、人もまばらで6月上旬でしたが、寒々とした印象があります。
美しい地元をたくさんの人に知ってもらえるのは嬉しいようで、そうなったら何倍ものエネルギーを使って、守っていかなければならないものも沢山生まれてきますね。
頑張らなければいけませんね!!
あ、からし派♪(*^▽^*) 全国的に統計とってみたいくらいですね~ 笑
2014年01月30日 10:09
はるるさんへ
 はるるさんも、上のchiakiさんと同じですね、
「ような」・・・笑
私も地元でなければ、そんな印象になっていくと思います。
静かな松原ですものね。
あ、今は賑やかになってますけど。
赤ちゃん松・・これから何百年ものお役目を果たしてくれるはず。
後世の人々もこの意志を丁寧に受け継いでくれれば嬉しいですね。
2014年01月30日 10:15
ミックンへ
 うんうん♪ 富士山あってこその眺めですよね。
あぁ、沼津は、さらに富士山に近いですから、さぞ大きな富士を目にされたことでしょう。
私の知人、友人、親戚などが他県から静岡に来ますと、
富士五胡等周って、おもてなし♪
すると、
 富士は遠くから見てこそ富士山だね、大きすぎる
と我がままな感想を言ってくれる人がおりますが・・笑
2014年01月31日 20:26
三保の松原は推定5万本あるそうですが
相当前の調査のもので昨年は800本伐採しているそうです。
今度ボーイスカウトとか子供会とかの皆さんで500人態勢で
ブロックに分けて調査するとかって新聞に載っていましたね。
羽衣の松はもう、3代目ですか。
もう2回も枯れてしまっているのですね。
人が歩いて土が硬くなるのも悪影響だそうですね。
2014年01月31日 21:42
三保の松原と富士山、すてきな写真です!
杏ちゃんは海あり山ありのいいところにお住まいですね。
いつも羨ましがってます。
昔々、子供たちが小学生だった頃三保の松原を訪れたことがあります。
おでん屋もラーメン屋もなくて人っ子一人いませんでした。
世界遺産になるとしばらくは観光客が押し寄せるのですね。
ほとぼり冷めたらもう1度行きたいな。
おでんは辛子派ですが、鰹節と青のりと甘い味噌のおでんは美味しそう、食べたいです。(*^。^*)
2014年02月01日 13:21
山ちゃんへ
 そうなんですか、調査結果、何本になってるのでしょう。
数えるのもたいへんな作業ですね。
土が硬くなる・・・
神の道から松原へ来ると、そこから海へ至るまでに形の面白い歴史ある松が、ちょうどそこにありますね。
ほとんどの観光客がそこを通って海岸へ抜けますから、一番残しておきたい、松たちの根の上を歩きたい放題になっていますね。
観光客が歩ける場所を早い段階で、歩道として作らなければいけませんね。
松たちも、急な変化にびっくりしてるかもしれませんね。
2014年02月01日 13:32
かっちゃんへ
 たしかに静岡は、海も山も近くにあって最高ですね。
伊豆も富士も楽しい所がいっぱいですし♪
でも、今、うちの車はほぼ長男が通勤で使用して、乗っ取られてますので、、
やっぱり静岡は車があってなんぼ、です。
バスや電車ももちろんありますが、東京で電車を使うのとはわけが違いますから・・( ̄▽ ̄;)!!
まぁ、神様があまり遊びすぎるなよと、そうなるようにされたんだなぁ
と思っております・・・
そう、昔は寂しかったでしょう。私も静岡に初めて来ました頃、訪れましたが、それ以来、ずっと寂しい所でした。
世界遺産に登録されるってこういうことなんですね。
またいつか機会ありましたら、いらっしゃって、このおでん食べてみてくださいね♪
2014年02月02日 18:09
頭を雲の上にだぁし~・・・・・
富士は日本一の山
この歌そのものですねぇ~
綺麗です。綺麗すぎです。
雪のある富士山=見惚れちゃいますよねぇ~
そして三保の松原からの富士山に
もう一度観たくなりました。

おでんに吃驚です。
蒟蒻に鰹節と青のりをかけられて
まるでお好み焼きのように・・・・
いえいえ蒟蒻に羽衣を着せているのかも・・
知れませんね。
ミルキーはからしで頂くのが好きですが
お国(駿河の国)変わればですね。
2014年02月08日 20:48
今晩は!
やはり三保の松原は富士山とセットでなくっちゃ、世界遺産とは云えませんね(^o^)/
天女の羽衣と静岡おでんが加われば、日本遺産にもなりますね。

この記事へのトラックバック