雲取山登山 3 ~水場→七ツ石山の巻き道→ブナ坂

今日も曇り空の東京です。
過ごしやすそうですよ。

一方、台風接近中の沖縄・九州地方のかた、十分に気を付けてくださいね。

今日から夫が一週間の出張になりますからそれに合わせて
私は静岡への移動予定でいます。


 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆



記事は雲取山登山の続きです。


写真 9:57 ひたすら稜線目指して登っています。
 
画像




=================================================================
日程とルート地図 & リンク

 8日  奥多摩湖畔 留浦バス停、駐車場 車中泊

 9日 留浦 → 鴨沢 → 小袖 → 水場  → 七ツ石山(巻き道) → ブナ坂  → ヘリポート → 奥多摩小屋 → ヨモギノカシラ  → 雲取山 → 雲取山荘(泊) 

 10日 雲取山荘の朝  → 雲取山(巻き道) → ヨモギノカシラ → 七ツ石山 → 高丸山 → 鷹ノ巣山 → 奥多摩駅

 
画像




=================================================================

私たちは七ツ石山の山頂は巻きますが、
とりあえず、七ツ石山を目指し、まだまだ林の中を登っていきます。

09:16
画像


画像



変わり映えのしない林の中の道が続きます。
不思議と、記憶をたどってみても、いいかげん見晴しの良い場所に出たいとか
思わないで登っていた気がします。
画像


09:26
時折、おまちかねの夫と合流しながら・・・
いいですね、たくさん休めて
画像


別に休憩したいわけじゃない
と言いたい夫
画像



同じような林の中の道も
それぞれに表情を変えて、
ここなど、右手の林がやたら赤茶けて見えるのに感動してみたりして
画像

画像


09:45
画像

画像




10:15
どこが見えているのやら、全くわかりませんが・・・
画像


10:35
おまたせ~~
何度目の合流でしょう
画像


いつもですと、
 私を置いて先に山頂に登って雲の無い景色を撮っておいて

とお願いするのですが、
 今回の雲取山は、山頂がやたら遠いというイメージを持って臨んでいますのと、
体調がいま一つで自分に自信が無かったせいか

その一言が言い出せません。 m(__)mごめんなさい。

あ、ペットボトル3本渡してますしね、、
干からびちゃいますから。


画像


今回の道中では
ホトトギスがよく見かけられて暗い山中でこの花を見つけると
とても心が和みました。
しかも、一輪ずつ咲いてるのが多く、可愛らしかったです。
なんという種類のホトトギスかしら・・少し調べましたが、特定できませんでした。
画像




11:00
七ツ石山の山頂を目指す道をそれ
巻き道へ入ります。
七ツの山頂は、明日、帰りに踏みます。
画像




この巻き道へ入る所で
女性のハイカーが
 すぐそこに橋があって、そこにイワタバコが咲いてるわよ
と教えてくださいましたよ

 あぁ、いっきに元気が出ました
 ありがとうございます♪


 でも上や下見たりしてよぉく探さなきゃダメよ

 はいっ♪

なんてやりとりありましたが・・・



画像


そうそう
いかにもイワタバコに出会えそうな岩場もあって・・・
画像



結構がんばって探しましたが、
目のつけどころが悪かったのでしょうねぇ、、

イワタバコ・・見つけられませんでした!! 残念!

夫にせかされ、
先を急ぎます。

画像


画像


11:18
画像



画像


画像


12:10
おお、
ついに、山レコなどで見ていた
気持ちの良い尾根歩きが始まる地点まで来たのではないでしょうか
画像


ブナ坂です。
道標にぶら下がっているのは
 『ニホンジカ捕獲の実施について』 
捕獲の地域や期間、方法などについて書かれていました。
画像


皆さんの記事を拝見していて
とっても可愛くて会いたいと思っている鹿たちも、獣害を出すのですから・・
私の実家のほうも、今年の春初めてやられたようです。

昔は鹿が畑に現れるなんて、
うちの実家のほうでは今までありませんでしたが、

年々、
イノシシ、クマなど、
私が実家にいた頃までには、近所での出没を聞いたこともなかった動物が果樹園や畑に現れるようになったのですから、
森は動物が住みにくくなってきているのは間違いないのでしょう。

難しいですね。

それにしても、
また言いますが、鹿さんに会いたかったな~~。



ブナ坂は、
七ツ石山頂への道と、巻き道の分岐地点ですね。
私たちは、右側の巻き道から来ました。
画像


たくさんのハイカーたちが、
七ツの山頂や、巻き道からやってきて
広々として気持ちのよい、このブナ坂で休憩されてましたよ。
画像


夫のバックはカラマツの林らしいです。
画像


ここからカラマツの林の中を日原へ下りる道があるようですが、
土砂崩れでしょうか、通行止めになっていて、今は使われていません。

私たちも
ここでお昼を。
ブナ坂の標高は1600mほどでしょうか、
それでも、ランチパックの袋がパンパン。
画像


さあ、
ここからいよいよ楽しい尾根歩きになりそうですよ♪
画像




注!! ここから下は  が苦手なかた、見ないでくださいませ。 m(__)m

     鴨沢登山口→水場   ブナ坂⇒ヨモギノカシラ









ごめんなさい、
これをアップするタイミングが・・・・ 汗
夫撮影。
私は見ていません、
マムシのように見えますよ??
違ってますでしょうか・・・??
画像



     ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 72

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック