鳥取へ その5 ~ 鳥取砂丘と砂像館(砂の美術館)

鳥取帰省の記事、
前記事とまたまた同じ日が続きます。

砂丘のラッキョウ畑の次は
今では全国的にも有名になりました、砂像で有名な
砂の美術館
そして、大砂丘へと足を延ばします。


画像



私の友人のおもてなし日
いよいよ終盤にさしかかってましりました。
画像




チケット
画像



第8期ということで、
ここができて10年近く経とうとしているのですね。

今回はドイツがテーマ

ここは2回ほど見にきたことがありますが、
今回はおが素敵で、
私が見た中では一番素敵だったような気がします。


『宮廷の風景』 と 『ドイツのお城』
画像


画像


深い森の中のお城
画像


画像


画像








『ヘンゼルとグレーテル』 グリム童話 より
画像



『ブレーメンの音楽隊』 グリム童話 より
画像



『ベルリンの壁 崩壊』
画像


画像



『現代のドイツ』
画像



初めてここに来た時は
両親と一緒に歩きましたが
今回は車で待ってるから、とのこと。

2012年に母は膝の手術をして今は片脚に人工関節が入っています。
でもそれ以降、歩くのに痛みを感じることは無く、元気でおりますが、
父のほうが、腰が曲がりすぎてか、10歩も歩かないで痛い痛いと脚をたたいたりしていますから
少しでも歩きたくないのです。

この頃には
雲が広がってきていて、車で待つのには窓を開けていれば暑くもなく
まぁよかったかな と思うのですが・・・


画像




画像



『シグマリンゲン城と中世の城壁』
画像


画像


昔来た頃には屋外にもいくつか砂像があり
歩きながら観賞した記憶がありますが、

今回
ちょっと外を見ましたら
子どもとの遊びの広場のような雰囲気?
(確認していないのでわかりませんが)
に変わっているように見え、
また時間も気になりますから屋外はパス。



 ごめんね
 砂丘も行ってくるよ


 大丈夫だよ、
 ゆっくりまわってきんさいな
 

とは 母、

父はぁ・・・・(;´∀`)

 お父ちゃんは、お母ちゃんと一緒にいるのが一番いい
 と言って一緒にきたんだから
 お母ちゃんと一緒で嬉しいでしょう・・・ 



なんて冗談を言うしかないでしょう・・・( ̄▽ ̄;)!!



友人をおもてなしの日ですから


砂の美術館とは 道路一本隔てて
海まで広がる砂丘。


懐かしいクジラ島が見えましたよ♪
画像



初の砂像に見惚れる友人に
たいへん申し訳ないですが、

ほんの少しばかり急がせちゃって
鳥取砂丘へ急ぎます。




両親は、
今度は車で数十秒移動した大きなお土産やさんの駐車場で待ってもらいます。
たいくつしたらお店に入ったりしててね~~


前記事のラッキョウ畑に待機のラクダさんが一頭だけいましたね。
夏休みも終わり頃、

たくさんのラクダさんたちが
ここで働きますよ。
画像



私としては
ここで眺めて終わりかなぁ

くらいの考えでもいましたが・・・

初鳥取砂丘の友人は終わりませんでしたねぇ・・・・( ̄▽ ̄;)!!

あそこまで歩くのだそうで・・・
画像



えぇっ!!
膝が痛いのなんのと普段は言ってるくせに・・・

まぁ 初鳥取砂丘ですから
歩きたくなるのは必然かなぁ・・・

画像


あそこまで行くのは、私は何年・・いえ何十年ぶりでしょうか・・・
もはや この歳になりましたら、
この先一生、
 砂丘はとっかかりの所から眺めるもの
くらいの勢いで思っておりましたよ。


50過ぎたおばさん2人、
若いですねぇ
靴を脱ぎ、裸足になって走るように
あの丘を目指しましたよ  笑


それが今まで感じたことも無いほど
この丘までが短時間に感じましたよ。


おお、
子どもの頃から好きだったくじら岩が近くに見える♪
画像



待たせてる両親のことが気になってしまう自分が
彼女に対しては申し訳なくもあったりしていますが、

ここまで久々に来られて嬉しかったです。

同じ距離、帰っていかなければならないわけで・・・
画像



何故、丘までが短く感じたかって?

それはやっぱり歳だからでしょう  笑

何をやるにも幼い頃はもとより、若い頃よりは短時間に感じますし、
若い頃より鈍感になってるからのような気がしますがぁ



そして
砂丘の後は
大急ぎで賀露の港へ

ここでは
私のおもてなしプラン第一で
先日全国盤のTVでも放送されていた店内の中央に水槽のあるお店で
ランチを!

2000円前後でけっこうなランチが楽しめ、
店内の雰囲気も大好きなそのお店でもてなしたかったのですが、、、 汗

なにしろ
予定が押せ押せで

賀露に到着しました時には
3時までのランチタイムは当然のことながら過ぎ去り


5時からの夜の部を待つ案内に変わっておりました。
お一人さま 4000円くらいから・・・ ( ̄□ ̄;)!!




ごめんね!
私の予算では夜の部は無理だわ

ということで
お隣のこちらのお店で
画像


この日は
朝から宣言しましたように
両親と友人に私がおもてなしですから。。


こんなことになりました・・
画像


静岡からはるばる来てくれた友人をもてなすには
残念な内容で

豆腐ちくわの天婦羅と、かに味噌などを
追加オーダーしてみましたが、

それでもいまひとつ。

鳥取らしさは、海鮮丼の中の白イカくらいでしょうか、
それでも
静岡で食べる海鮮丼とかわりなく・・


ごめんねぇ


私の当初の予定では、
賀露にランチタイム内に到着。
水槽のお店でランチ。
その後、今度は海岸を西へ進んで『因幡の白兎』の白兎海岸
海の眺望で有名な魚見台まで案内して夕暮れはその辺で見る、
というものでしたが・・

17:40
夕暮れの賀露の海
水平線には雲がかかっていて
残念ながら海に沈む夕陽を見ることはできませんでした。
画像




可愛い貝殻を拾って♪
画像



画像



懐かしい!
鳥取の海で泳いでいた頃には
この海草、よく見かけたなぁ
何という名前でしたか。。
画像




ミル・・・ミル・・・

ミル が ついていたような・・・・


と、
調べてみますと
『ミル』 と、、!

ミルだけでした。
へ~~ 記憶力悪いのに、残っていたんだ と感動。


貝の穴?
砂浜にたくさんありました。
画像



こうして
ドタバタなおもてなしの一日は過ぎていきました。

彼女は明日から
1泊2日の自由な鳥取の旅に出ますよ。


拙いおもてなし、
詰め込みのおもてなし、

彼女も両親も
お疲れさまでした ヾ(o´∀`o)ノ♪

   ゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜


文末にて失礼ですが、

 先日の大雨で被災されました地方のみなさまにお見舞い申し上げます。
まだまだ雨の心配がされますお天気、
どうぞこれ以上の災害となりませんようお祈りしております。


  ゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 66

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

  • 鳥取へ その6 ~ 親子の時間

    Excerpt: ぎゅうぎゅう詰めの予定をこなした28日の友人のおもてなし日が過ぎ去り、 翌日から友人は、一泊二日で鳥取の青春18きっぷの旅に出かけます。 Weblog: 杏@POCO A POCO racked: 2015-09-15 13:45