世界遺産 十津川村熊野古道(小辺路) 果無集落2/3~車中泊GW 4日目 - 4

十津川村、前ページより続きます。

画像


世界遺産の石碑のある明るい尾根の熊野古道、
さあ、いよいよ果無(はてなし)集落ハイライト
画像


【5/3(火) 4日目 コース地図中 ⑭】
 
熊野本宮 大斎原と大鳥居

  4/30 ①二見浦 夫婦岩 二見浦駐車場泊
  5/1 ②③④⑤⑥伊勢神宮 → 鳥羽水族館 → 横山展望台 → 賢島 → 道の駅海山泊
  5/2 ⑦⑧⑨⑩⑪⑫鬼ヶ城 → 獅子岩と花の窟 → 丸山千枚田 → 速玉大社(熊野三山)
                → 那智大社(熊野三山)と那智の滝 → 道の駅なち泊  
  5/3 ⑬⑭⑮⑯熊野本宮(熊野三山) → 十津川村(熊野古道・小辺路)
              → 湯の峰温泉(日本最古の湯「つぼ湯」あり) → 道の駅ほんぐう泊
  5/4 ⑰⑱⑲発心門王子より、熊野参覗道(熊野古道・中辺路)を歩く → 本宮
                                → 谷瀬の吊り橋 → 道の駅大塔泊
  5/5 ⑳㉑ 高野山 
         1 高野山へ
         2 金剛峯寺-真田ゆかりの寺院、蓮華定院
         3 真田ゆかりの寺院、蓮華定院 ⇒ 女人堂
         4 徳川家霊台
         5 金剛峯寺の社殿内を拝観
         6 金剛峯寺 - 成福音摩尼宝塔
         7 一の橋から奥之院へ
         8 奥之院参道、御廟の橋から
         9 壇上伽藍
         10 大門 → 道の駅九度山泊
  5/6  ㉒ 真田幸村ゆかりの郷、九度山散策
           眞田庵 ~ 真田ミュージアム ~ 真田の抜け穴
           ~ 慈尊院と『高野山の案内犬 ゴン』 ~ 丹生官省符神社 ~ 帰路へ

   *:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*




ここの熊野古道は民家の真ん中を突っ切っていることですね  (ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・
そこが皆驚きもし、惹かれもするところ♪
画像


前ページのトップに掲載した村のポスターにも
ここのおうちのおばあちゃんが縁側に座ってらっしゃいますでしょう。
画像


テレビの旅番組でも2回ほど、この縁側とおばあちゃんの風景を見たことがありますよ。
ご覧になったかたも多いはず。


このお家は何が魅力って、
やっぱり、世界遺産の中に住み、見事に熊野古道と仲良く同居していらっしゃることでしょう ヾ(o´∀`o)ノ♪

縁側は旅人が一休みできるように開放してあり、スタンプも置いてありますよ。
あぁ、ここにおばあちゃん・・・座っていて欲しかった。
贅沢な望みです。
画像



この果無(はてなし)集落は、
こんな尾根の上ですのに豊富な湧き水があるというのです。

なので、こうして古道に水場が。
旅人も暑い時期には口を潤すことまでできて嬉しい限り。

そしていつでもお花が飾られていて(ネットなどで見ましても)
旅人へのおもてなし、心遣いが感じられます。

アヤメがなんて涼し気で気持いいこと♪
画像




 「「果無集落のカツさんの家の前には世界遺産の小辺路の道が通っておるのじゃ。
 自分の家の前があの世界遺産!じゃよ。すごかろう。
 果無の湧き水もあり、畑でとれた野菜を冷したりしておるのじゃ。
 カツばあちゃんちの縁側では旅人と村人のあったかい心のふれあいがあるのぅ。
 それもまた、旅の思い出じゃのら。」
 by『熊野参詣道「小辺路(こへち)」』十津川村観光協会


綺麗な水。
暑い時期には、野菜などをここに漬けて冷やされるのだそうですよ。
画像


ポスターからもわかりますように、
にこやかに、エネルギーを感じるおばあちゃんですもの♪♪
ロケでも楽しそうに話していらっしゃいましたよ。

現在92歳とお聞きしました。
嫁いでいらっしゃったのかな。


画像


何十年もの時を、
この石畳の熊野古道と、
本宮へ、また高野山へと詣で通る数えきれない人々と共に生きていらっしゃったなんて・・・ε- (´ー`*) フッ
なんて素晴らしいんでしょう。
もうそれこそが感動です 

家の前を通りすぎると
湧き水が豊富な果無(はてなし)集落では
こんな尾根の上に水田が!!
画像


画像


色々不便なこともあるでしょうが、
綺麗な水が豊富であるって幸せですね。


思えば、私が静岡で山歩きに行きます賤機山などは、100m前後の尾根ですが、
尾根沿いに野菜畑やお花畑がありますけど
水にはたいそう苦労されていて
雨水を貯める大きなカメとか、
小さな花壇へは、みんなで毎日ペットボトルに入れた水を持って登ったりしてらっしゃいますけど、
あそこにもこんな湧き水があれば幸せですのにね。


画像



蛙さんが鳴きましたけど
きみたちの声じゃないよねえ ?
画像




画像



この鯉も
カツばあちゃんちの下にいるのですが
こうみえて

画像


比較するものがなくてわかりにくいのですが

画像


この鯉たちはとっても大きいのです。

黒いのはよく写っていませんが、小学一年生くらい。
オレンジ色の鯉は幼稚園児くらいの大きさに見えました。

お腹もぷっくり膨れてますよ。
おでぶちゃん・・・
画像




 「食べるんですかぁ」
 「いや、食べない」
 「じゃぁ、ペットかしらぁ・・」
 「・・・」
 「かわいがって育ててらっしゃるんですねぇっ!」



お話しさせていただいてるのは カツばあちゃんの息子さんです。
息子さんといってももちろんりっぱな年配のかたです。

どうも、何故鯉が飼われているのか、
もしかして息子さんもよくわかっていらっしゃらないようでしたよ (・_・)…? 

とにかく、あまりに大きな鯉に、
なんだか可笑しくて思わず笑えてしょうがなかったです。



  そうなんです、
 カツおばあちゃんには会えませんでしたけど、
 息子さんとしばらくお話し聞かせていただけましたよ。

この息子さんが、またたいへん気さくなかただったのです。


    
  ⇒あと1ページ、果無(はてなし)集落続きます。


  *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



 ps; 上で「食べるんですかぁ」
      と、即聞いていますのには、わけがありまして・・・

  故郷の幼馴染みで、仲良しの子の集落に遊びに行きましたら、その集落では皆、家の前に水路が流れていて、各家庭ごとにネット状に水を通す材料で水路が区切られていて、
そこにはどの家も鯉を飼っていました。
しかも、みんなびっくりするほど大きな鯉に当時は見えました。いえ、きっと本当に大きかったと思います。
そして、もっとびっくりしたのは、何か祝い事などがある時には、その鯉を食べると聞きました。
でも、幼馴染みの子に
 「じゃあ、みどりちゃんも食べたことあるの?」 と聞きましたら
 「うちではまだ食べたことがないの」
と会話したのが記憶にありますので。
こうして鯉を飼っていらっしゃると、ついつい、何かの時には食べるのかと思ってしますのです。


みどりちゃんちの鯉、
どうなったかなあ・・・

そういえば近年は、鯉を飼ってる家が少なくなったという話をした覚えがあります。
みどりちゃんちにはいないのでしょう。
食べたのかなあ・・・・

今度聞いてみよう。 (((uдu*)ゥンゥン




  *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック