熊野古道 中辺路 を歩く2~車中泊GW 5日目 - 2

先日、橋本徹氏の講演会に知人と行ってみました。
橋本氏は政界から退いてらっしゃいますから、一般人としてお話しを聞かせていただきます。
備忘録として。

話の内容が共感できるものかどうかは別にして
きっと熱く色々語ってくれるに違いないと期待して行ってきました。

彼は裏切りませんね、
第一声から面白かったです。

もう政治家ではないので好き勝手に話をさせてもらいますということで
政治家だった頃から結構、言いたいことは思い切って言ってきたかたのようですが

なかなか言い切れなかったこともあるようで、
ふつうにあの年齢で政治を経験されたかたの政治家時代のうっぷんを晴らす語りのような・・・  笑
いえいえ、たいへん勉強にもなりました。

一時間半という講演時間はあっという間に過ぎました。
質問時間がほとんど無くなるくらいギリギリまで話してくださった橋本氏に、
会場にいた静岡市民、県民、みんなとても楽しかったようで、
まぁ、いつまでも鳴り止まない拍手! 

スタンディングオーベーションはさすがにありませんでしたが、
橋本氏もあきれて笑ってしまうほどでした。

アンコールで、踊らなきゃいけないくらいですね、って。

大阪では800万人いたとして500万人に嫌われてますからね、
静岡の人にこんなに暖かく迎えてもらえるとは思っていませんでした


と。
私自身、いつまでも拍手送っていましたねぇ。

ほんと楽しいお話しありがとうございました♪


  *+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*


記事のほうは、
車中泊ばかり6泊7日伊勢志摩紀州の旅の続きです。

5日目の一つ目、
熊野古道(中辺路)を発心門王子から熊野本宮大社まで歩くこと。
7㎞ほどのハイキングとなります。


   【熊野古道 中辺路ウォーク 発心門王子⇒熊野本宮大社】
   1  2  3  4  5  6



 道休禅門
行き倒れの僧を悼んで建てられた舟形の石仏なのだそうですよ。
写真では見えませんが、赤い前掛けの下に『道休禅門』と刻まれています。
画像



【5/4(水) 5日目 コース地図中 ⑰】
 
熊野本宮 大斎原と大鳥居

  4/30 ①二見浦 夫婦岩 二見浦駐車場泊
  5/1 ②③④⑤⑥伊勢神宮 → 鳥羽水族館 → 横山展望台 → 賢島 → 道の駅海山泊
  5/2 ⑦⑧⑨⑩⑪⑫鬼ヶ城 → 獅子岩と花の窟 → 丸山千枚田 → 速玉大社(熊野三山)
                → 那智大社(熊野三山)と那智の滝 → 道の駅なち泊  
  5/3 ⑬⑭⑮⑯熊野本宮(熊野三山) → 十津川村(熊野古道・小辺路)
              → 湯の峰温泉(日本最古の湯「つぼ湯」あり) → 道の駅ほんぐう泊
  5/4 ⑰⑱⑲発心門王子より、熊野参覗道(熊野古道・中辺路)を歩く → 本宮
                                → 谷瀬の吊り橋 → 道の駅大塔泊
  5/5 ⑳㉑ 高野山 
         1 高野山へ
         2 金剛峯寺-真田ゆかりの寺院、蓮華定院
         3 真田ゆかりの寺院、蓮華定院 ⇒ 女人堂
         4 徳川家霊台
         5 金剛峯寺の社殿内を拝観
         6 金剛峯寺 - 成福音摩尼宝塔
         7 一の橋から奥之院へ
         8 奥之院参道、御廟の橋から
         9 壇上伽藍
         10 大門 → 道の駅九度山泊
  5/6  ㉒ 真田幸村ゆかりの郷、九度山散策
           眞田庵 ~ 真田ミュージアム ~ 真田の抜け穴
           ~ 慈尊院と『高野山の案内犬 ゴン』 ~ 丹生官省符神社 ~ 帰路へ

   *:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*





 歩行ルート 
王子がいっぱい 
画像





スタートの、発心門王子の一つ下手のバス停、『発心門』に出ました。
一瞬、バス通りに合流。
画像


発心門王子へ向けて、バスがのぼっていきます。
本数は多くありません。1時間~2時間に1本ほど。
画像


画像

せめて本宮を12時くらいまでのに乗らなければ、
次はいっきに14時頃になりますので、なんとしても12時に間に合うように歩かなければいけません。

普通に歩けば余裕のはずです。

7:44
 【64】・・・上載のルート図を見ますと、GOALの本宮あたりが【75】。
画像



ここも熊野古道(中辺路)です。 舗装されちゃっています。
画像



早朝歩きは気持いいです。
画像



画像



画像



7:52 水呑王子
画像


『水呑王子』の石碑 と 水呑みおじさん
画像



それにしても『王子』って何???
画像



検索してみますと、ページによって様々な書き方がされていて一つに言ってしまうのも難しいのですが、
『熊野古道案内 「うた加楽衆」』のページを参考にさせてもらいます。


  熊野にお越しのお客さまから(九十九)王子って何?とよく質問があります。
  熊野九十九王子は熊野の神々がその土地の地主神などとともに祭られています。


  「熊野九十九王子は、京都から熊野三山までの参詣道の途中に、熊野の神が招かれ、祭られているおやしろです。
その土地の地主神等と共に祭られていて、村や町の人々がお参りする神社です。
熊野詣の旅人が祈りをささげ、和歌や馴子舞(なれこまい)、相撲などを奉納し旅の途中の区切り・小目標となっていました。」
  
へ~~、
私などは芸が無い旅人ですから、ひたすら手を合わせるだけですが、
はるばる険しい山道を熊野三山に詣でるような人たちですから、皆さん心をこめて王子ごとに参拝の儀を尽くしたのでしょうね。


画像



「王子」は、とにかく中辺路に多い、、、
  「田辺」から「熊野本宮大社」までが中辺路。
画像

 .                  by 『田辺市 熊野古道ウォーク』

これ↑↑で驚いておりましたが、
上載のページ内の図がこれ↓↓です・・・・( ̄▽ ̄;)!!え・・・


京都から熊野本宮大社までに、九十七(または九十八)社が数えられているそうです。
画像

.                   by 『熊野古道案内 「うた加楽衆」』
歴史の中でいっとき、「王子」文化が盛んになった時代があるのですね。
皆、熊野詣でに力を注いでいた時代なのでしょう。



さて ルートを進みます。
舗装道路は、この水呑王子で終わり、
ここからしばらく舗装されていない熊野古道が続いています。
画像



画像


石畳が敷かれた熊野古道、そして熊野の森林と♪
こういう場所が歩きたかった夫、嬉しそうですね。
画像


画像


でも、歩いて数秒でここの石畳、終了なんです (;^ω^)
画像


「蘇生の森 熊野古道」という大きな石碑が、これからところどころ建てられていました。
画像


8:00
画像



画像



この写真は夫撮影。
熊野杉に心を動かされたのでしょうね。 いい絵ですよぉヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
画像


この写真も夫撮影。 V字になってるぜぇといたくお気に入り。
画像



画像




画像



 No66
画像


 No66
画像


  ⇒続きます

  *+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック