深川まで散歩

先日、
孫の手が欲しくて深川まで行ってきました。

とは、たいへんな語弊が・・・ (;^ω^A


孫の手が欲しいと東京にいる時ずっと思っていたのです。



8時頃、マンションを出て
画像



  孫の手 って皆さんどこで入手されますでしょうか

 子どもの頃から孫の手は実家にありましたし
 静岡の家にも、どこで入手したかは不明ですが、当然のように孫の手がありますが


両国橋へ向かっています
画像



 東京のマンションには 孫の手が無いのです ( ̄▽ ̄;)!!あ・。。。

 欲しいなあ とぼんやり思ったりしていましたが、
 どこで売ってるものか、なかなか巡り会わないんですよね。

画像


 5月のGWで那智大社を歩いています時、孫の手を目にして一瞬買おうかと思いましたが、
 あそこで買っておけばよかったと
 最近後悔することしきり。

 思えば、観光地の土産物売り場ではよく見るような気がしますね。




両国橋   隅田川の花火をここで観ましたよ。
画像



 私は孫の手を愛していますが
 主人は孫の手を人生の友としていないようで

 欲しいと言っても、どこ吹く風。

 なんで 孫の手なんだあ
 不潔な人が欲しがるんだろう

 なんて・・・・ ( ̄。" ̄)

 これに同意されるかたいらっしゃいます・・・
 でしょうねえ・・・・


画像


両国橋付近には、歴史を物語るものがたくさんあります。
ゆっくり読んでもっとこのあたりのことに精通したいと毎度思うのですが
そこそこに、読み、
画像



 そうそう、孫の手って どこで入手するかって検索してみましたら
 百円ショップにあるのだそうで、
 百円ショップを地図で検索しましたら 散歩で行ける場所の一つに深川がありましたから
 昨年深川を歩いてから、また行きたいといつも焦がれてた場所ですから
 深川の百円ショップに行こうと思ったわけです。


両国橋を渡ると、隅田川沿いのテラスに降りて
画像


 
隅田川の花火大会のメイン会場は両国橋から離れていますが、
もちろん私も観ましたように、両国橋からでも現代も花火は見られますが

昔々の両国橋といえば、まだ隅田川に橋がそうは無かった頃に架けられたのでしょう。

万治2年(1659)に両国橋がかけられたということですが
その時から江戸の時代は、両国橋が隅田川の納涼、花火のメッカだったのではないでしょうか。
このテラスに設置された江戸の時代を描いた大きな絵には、
花火は両国橋とのコラボが多いです。
画像


テラスの欄干の絵は
その場所のシンボルが描かれてるようですが、
これば何かなぁ・・・・
 
のぼりくだりのふなびと♪が~
かなあ・・・・ (・・?
画像



テラスの壁側には このあたりの学校の卒業生作成の作品も飾ってあります。
なかなかこれを見ながら歩くのも楽しいです。
画像




隅田川に注ぐ小さな川があるたびに
そのまま直進できませんから、一度テラスからあがって、仕切り直しです。
画像




一之橋を渡って、隅田川テラスに戻ると
また 欄干の絵が変わっていました。

両国から少し南に下った地域です。
画像


お江戸の時代、
消防団が盛んだったのでしょうか

火消しの纏(まとい)、七組さんですよ。
七組さんは強大だったのかしら。
画像



かっこいいワンちゃんもお散歩
2匹に見えますけど、3匹同じのがいましたよ
迫力ありました。
画像




清州橋
と、その向うに月島のビル群が見えてきました。
いつみても、月島のビル群はかっこいいです。
画像




画像




またまた隅田川に注ぎ込む水路(小名木川)のため テラス中断。
小名木川に架かる萬年橋からの眺めは 『ケルンの眺め』と名付けられていました。
画像


ここから見える清州橋は、ドイツのケルン市に架けられたライン川の吊り橋がモデルなのだそうです。


小名木川に架かる萬年橋
画像


9:30
マンションを出てから1時間半ほど
深川稲荷神社 ですって。
そろそろ深川に入ってきましたか。
画像


読めない・・・・
相撲部屋かな。
いつかは、この近くで今はお亡くなりになりましたが北の湖部屋を見ましたよ。
今でもあるかしら。
画像



深川江戸資料館、
ここも入りましたね、昔が見事に再現されていて楽しかったです。
大鵬さんがとっても美男子だったことも、ここで初めて知りました。
子どもの頃には、あんなかっこいいお相撲さんもただのおじさんと思ってましたから。 失礼m(__;)m
画像



採荼庵(さいとあん)跡
腰かけてるのはあの芭蕉
画像


元禄2年(1689)、芭蕉はここから『奥の細道』へ旅立った とあります。
でも後ろの建物がなんだかなあ・・・という感じ。
画像



法乗院 深川えんま堂
ここは深川エンマさまのいらっしゃるお堂。
画像



お堂の中いっぱいに巨大なエンマさまがいらっしゃいましたが
 (日本最大の閻魔大王座像 (全高3.5m 全幅4.5m 重量1.5t 寄木造り))  
   参考ページ⇒法乗院 深川えんま堂
恐れ多くてカメラを向けることができませんでしたので
塀に掲げられてるお写真を。
画像




本堂には『地獄極楽絵』が壁いっぱいに貼られていて
本業は大道芸人なんだとおっしゃるこのかたが、語りをいれながらお話しをきかせていただきました。
 
  人が死んでから三途の川をわたり、幾度もエンマさまの裁きを受けて悔い改めたものは天国への道も開かれる

とざっとそんな感じの展開となっていました。
画像


お話しは興味深々できかせていただき、わかりやすくとってもおもしろいものでした。

写真を撮って構いませんよということで
幾枚か撮らせていただきましたが、怖い絵が多くて・・・・( ̄□ ̄;)!!


生きてる間にこれからたくさん善行を積んでおかなければ、
と深く反省しながら聞いておりました。




この日の最大の目的、
 孫の手を入手する
は、このビルの中にある百円ショップにて達成されましたが

衣料品など安いので他にもあれこれ見て時間を費やし
画像



『築地』1190円
画像


美味しそうなお寿司屋さんを発見したので入り
本当に美味しいんです♪♪ ヾ(*´∀`*)ノ
画像



ここで お隣にすわられた年配のかたと息が合い
しばらく談笑し。

そのかたは80歳近いおばさまでしたが 
近年までこの近くで魚関係のお店をご主人とやっていらっしゃったそうですが、
このお店は本当に美味しいの とおっしゃってましたから間違いありませんね。

ご自身は生まれが岡山の笠岡。
鳥取出身の私は笠岡で合宿したことがありますよ。

旦那様は水戸の生まれで、
私は新婚時代6年間、水戸の隣の旧勝田市に住んでいましたよ。

なんて、
ご縁を感じましたし♪♪♪
息子さんや娘さんのお話しも、あれこれたいへん楽しいかたでした。
お友達になりたいなあ。


いつか夫ときましたら
ここにまた入りましょう♪
画像


で・・・
しばらく話し込んで店を出ましたら

びっくりするほどお土砂降り!!!


曇り空だからと歩きに出ましたが
歩いてるあいだにどんどん暑くなっていましたから
こんなに崩れるとは驚きました。

深川不動堂や富岡八幡宮を目前にしていましたから、
そのあたり散策して
また歩いて帰りましょう

と思っていたのですが・・・

急遽
地下鉄の階段に吸い込まれるようにして電車で帰途に着きました。


美味しいお寿司屋さんに入りにまた来ましょう♪

 


 *・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.
 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 100

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのトラックバック

深川へ~夫と墨田川散歩
Excerpt: 先週末、 夫と少し前に私が一人でたどった深川までの散策路を歩きました。
Weblog: 杏@POCO A POCO
Tracked: 2016-10-05 16:01