日光白根山に登る 6/7 - 白根山山頂→六地蔵

  5 - 白根山山頂 



13:20
山頂を後にします。
画像


  歩行ルート  ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=
画像


  1 ~丸沼高原駐車場で前泊    
  2 - 丸沼高原ロープーウェイ山麓駅→山頂駅&ロックガーデン
  3 - 山頂駅前ロックガーデン→山頂手前
  4 - 山頂手前→白根山山頂
  5 - 白根山山頂
  6 - 白根山山頂→六地蔵
  7 - 六地蔵→下山

 ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=



12時過ぎに夫と山頂で合流してから
1時間半近くが経とうとしています。

私がいるというのに、
この山頂での滞在時間は長すぎです。

でも、まだこの下り始めたこの時点では
ちょっと遅すぎたかも、、くらいの認識でしたよ。


これから山頂駅までの下山は、
ここを下った後、
座禅山の火口の縁をたどり、
その後、しばらく長い下りがあって、六地蔵から再び登り返して山頂駅となります。
画像



あぁ、
あの岩場は、この白根山の記事を調べていましたら
多くのかたが載せてらっしゃった岩場ですね。
かっこいい。
画像


画像


この岩場に登ってもらって写真撮るのがいいのね、
ついさっき登ってらっしゃった二人組さんがいらっしゃいましたので、
その時撮らせてもらえばよかったなぁ。
画像



画像



画像


下りのルートは登りのルートより山頂直下は急坂でゴロゴロした石が多く
落石の危険が常にあるような
画像



前にも後ろにも人がいますから
上からの落石も要注意、
ましてや自分も落石を起こさぬよう、細心の注意を払う必要がありました。
画像



画像




真下にぽっかりと口を開けた座禅山の火口がよく見えます。
座禅山の手前には弥陀ヶ池
画像



画像




13:56
30分以上かけて
ようやく急坂を下り切りました。
画像



14時・・・
残された時間2時間半・・・


ここで後方をのぞき込むと
水の色が綺麗な池が・・・
これはおそらく五色沼!!

山頂で一度見た後、2度と見ることはなかったと思っていたのですが
この編集時にこれが五色沼であることに気づきました。
画像


地形と写真と地図を照らし合わせてみましたよ。

この写真を撮るときも、
この後方の池は綺麗だけど、
前方に見える、こちら↓↓の池は綺麗じゃないわ
と思いながら写真を撮りましたよ。
画像


この綺麗じゃないと言われたほうは弥陀ヶ池でした。

やっぱり五色沼はその名から連想するように美しい水の色をしていました。



画像



画像



14:22
座禅山火口への分岐。
ここを登らず下るルートもあります。
夫は迷わず火口経由を提案。

でも登りとなると、私は1.5~2倍時間がかかりますから反対しましたが
夫は頑張れば大丈夫大丈夫と、知らぬ顔。

しかも、遅れたら待たずに自分だけロープ―ウェイで下りるのだとか・・・(-"-;)

とりあえず、山頂駅まであとどれくらいかかるか、この案内板で計算・・・
画像


案内板によると、あと、
120分=2時間かかるということになります。

実際に残された時間も120分ほど。

私は登るのは時間がかかるとわかってるのになにがどう大丈夫なんだか。
しかも、この先どれくらい登りがあって下りがあるのか・・・・(・・?


14:32
座禅山火口の道標
道標といっても、不確かな踏み跡が見えましたが、確かな歩行ルートというのでもなさそう。
興味ある人は火口内まで下りていく人もあるのでしょうが
私たちは、縁を通るだけ。
画像



よくここで登りの座禅山火口経由を選択したものだと編集時に考えてもぞっとします。

ただ自分でも
さほどの危機感が無く、なんとかなるだろう
私は下りは早いのよ、

とどこかで思ってる自分がいるのが怖いです。


14:37
道標とベンチがありました。
画像


ここはまだ火口の縁です。夫が何やら後方を見上げて感動しています。
画像


見上げていたのは、白根山の山頂。
あそこを下りてきたんだな。
画像


きゃあ、
すてき♪
画像



そして これは火口の壁です。
ぽっかりと大きな火口の穴になっているのはわかりますが、
木々がすっかり生い茂り、わずかに噴火口である名残のような岩壁が見えるだけになっていました。
画像


14:40
火口を後にすると、あとは長い長い下りが待っています。
しばらくの間は、急坂でした。
夫から真面目に写真撮影禁止令が出ました。
画像



15:18
夫から禁止令を敷かれなくても
非常事態であることは本人が重々承知。
結構必死で歩きましたよ。
画像




15:28
そうはいっても、ところどころ、カメラが出てきてしまう、、、
六地蔵直前の分岐。
ここからロープ―ウェイ駅へ向かわれる人もいました。
画像





15:31
六地蔵に到着。
想像していたのは、眺望のきく岩場に並ぶ6体のお地蔵さま


想像と違って、必死で歩いている林道に突然祠が現れたという感じです。
画像



夫がルート図を見ながら、眺めがいいらしいぞ、
と言ってましたから、
六地蔵で眺めがいいのだと想像してしまったからですが
眺めがいいのは、この先、もう目の前です。
画像



新しい祠の中で風雨から守られ
安心して6体のお地蔵さまが佇まれています。
画像



この時点で実際の残り時間、1時間。
案内板の残り時間は、30分ほどでしょうか。
上載の歩行ルート図では20分となっていますよ。

この時は、案内板の残り時間のみを見ていたのですが
それでも、残り時間に余裕ができています。
写真を撮らなくて下りだと、それなりの速さで歩けているでしょう。

最終のロープ―ウェイには間に合いそうですよ。


でも、足湯に入る余裕の時間が欲しい。

 
   5 - 白根山山頂  7 - 六地蔵→下山

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...








ご当地ピカチュウ富士山エリア限定富士山頂ビーズ根付け
ご当地shopふじたや
?ポケモンシリーズ? h:約30mm W:約25mm(マスコット部分) h:約95mm(根付けを含め

楽天市場 by ご当地ピカチュウ富士山エリア限定富士山頂ビーズ根付け の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 63

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

日光白根山に登る 1/7 ~丸沼高原駐車場で前泊
Excerpt: お盆も終わりましたね。 お盆のお墓参りに帰省、夏休みの予定などお忙しくされたかたも多いと思います。
Weblog: 杏@POCO A POCO
Tracked: 2017-09-30 09:21

日光白根山に登る 2/7 - 丸沼高原ロープーウェイ山麓駅→山頂駅&ロックガーデン
Excerpt: 8月11日 日光白根山、前泊で車中泊をした丸山高原からロープ―ウェイに乗り、 10分ほどで一気に標高2000mの山頂駅まで登ります。
Weblog: 杏@POCO A POCO
Tracked: 2017-09-30 09:26

日光白根山に登る 4/7 - 山頂手前→白根山山頂
Excerpt: 13時45分現在、台風がちょうどど真ん中で通過中の東京です。
Weblog: 杏@POCO A POCO
Tracked: 2017-09-30 09:32

日光白根山に登る 5/7 - 白根山山頂
Excerpt: 12:09頃、 夫と山頂で合流できましたが
Weblog: 杏@POCO A POCO
Tracked: 2017-09-30 09:39

日光白根山に登る 7/7 - 六地蔵→下山
Excerpt: 残暑が残る静岡です。 数日前に静岡に戻ってまいりました。
Weblog: 杏@POCO A POCO
Tracked: 2017-10-03 13:19